大トー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大トー株式会社(だいとー)は、かつて電力用がいしや配電用資材などの製造や販売を行っていたメーカーである。

概要[編集]

1920年設立。2003年関西電力株式交換により完全子会社とした。

株式上場していた当時は、旧三和銀行グループも1割弱ほど出資しており、その融資系列で構成されるみどり会にも加盟していたことがあった。

なお、2005年10月1日をもって、同じく関西電力グループの「近畿コンクリート工業」とともに、同グループの「日本アーム」の鋼管柱・架線金物製造販売部門に吸収合併された(社名は「日本ネットワークサポート」に改められた)ため、大トーは同日付で解散した。当初は2004年10月1日付での統合が目論まれていたが、同年8月9日に発生した関西電力美浜発電所3号機における蒸気漏れ事故が影響し、統合が延期された。

関連項目[編集]