夜風の匂い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夜風の匂い(よかぜのにおい、: Le vent de la nuit)は、1999年に公開されたフランス映画である[1]フィリップ・ガレルが監督を務め、カトリーヌ・ドヌーヴダニエル・デュヴァルらが出演した[1]

あらすじ[編集]

ブルジョワの人妻エレーヌ(ドヌーヴ)は、年下の彫刻家ポール(デュヴァル)と情事を重ねていた。ポールは仕事でナポリを訪れ、左翼であった建築家のセルジュと旅に出る。女性を神聖なものとして封印する革命家のセルジュに、ポールは弟子入りを希望し、二人は赤いポルシェでドライブする。自殺壁のある愛人エレーヌの言動に振り回されるポールは、セルジュの妻もまた自殺したことを知る。1968年後に生きる芸術家の孤独と絶望。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]