多田羅沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

多田羅沼(たたらぬま)は、栃木県芳賀郡市貝町大字多田羅に存在する人造湖である。

概要[編集]

灌漑用として造成されたため池であり、面積は約2ha。市貝町の南端で益子町との境界線付近に存在する水田地帯に位置する[1]

スイレンなどの貴重な湿生植物が数多く生息しており、栃木県自然環境保全地域に指定されている。また、ブラックバスブルーギルなども生息しており、釣りスポットとしても知られる[2]

隣接する湿地と、取り囲むと併せて、栃木県民の憩いの場として親しまれている[3]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]