多和和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多和 和彦(たわ かずひこ、1905年10月14日 - 没年不詳)は、岡山県の郷土史家。

概略[編集]

味野生まれ。味野小学校を経て、1923年天城中学校卒業。赤崎・鴻・興除・東疇小(准・代)、岡山盲唖(訓)。この間、文検合格、倉敷市商・琴浦商・琴浦高教諭を歴任、1958年退職[1]1968年倉敷市文化賞受賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『児島産業史の研究』児島市味野「児島の歴史」刊行会、1959
  • 『岡山の古戦場』岡山文庫54、日本文教出版、1973

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『児島産業史の研究』