外国語様アクセント症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

外国語様アクセント症候群(がいこくごようアクセントしょうこうぐん)は患者が外国語訛りのように聞こえる話しぶりを身につけるという珍しい医学的症状である[1]。外国語様アクセント症候群は通常脳梗塞によって発症するが[1]、頭部の外傷[1]、偏頭痛[2]や発達上の問題[3]が原因となることもある。同症状は1907年に初めて報告され[4]、1941年から2009年までの間に記録例が62例存在する[3]

この症候は音を生成する構想、筋肉運動を協同させる処理に不具合があるものを原因とするものであって、マスメディアのニュース記事は決まって最も近似する地域訛りを特定しようと試みるが、外国語様アクセント症候群の患者が特定の外国語訛りや他の外国語を新しく身に付けるものではない[要出典]。2010年にはクロアチア語話者が昏睡状態を経た後ドイツ語を流暢に話せるようになったという未確認の報道がなされているが[5]脳が損傷を受けた後に患者の語学能力が向上したという確たる事例は全く存在しない[要出典]。子供や兄弟が外国語様アクセント症候群患者から新たな訛りを身につけたという報道事例であれば複数存在する[6]

概要[編集]

同症候群の患者は、聞き慣れていない人にとって、母語を外国語の訛り(社会言語学的アクセント)で話しているように聞こえる。例えば、アメリカ英語話者が南東部のイギリス英語訛りを話すように聞こえる、或いはイギリス英語を母語とする話者がニューヨークのアメリカ英語訛りで話すように聞こえるといった場合である。しかしながら、オックスフォード大学の研究チームにより、外国語様アクセント症候群の一部の事例では脳の特定されたある部分が損傷していたことが突き止められている。脳の特定部分が各種の言語的機能を司っているため、もし損傷を受ければ音の高低にズレが生じたり、音節を誤って発音することがあり、その結果発語パターンが原因の特定できない変化を起こすではないかと考えられる[要出典]。一般的に、同症候群患者はこのような訛りを困難なく話すように思われているが、実際には発語障害を持つのと同様の感覚を生ずる[7]。より最近には、外国語様アクセント症候群の一部の症例において、運動神経を司る小脳が決定的に関与している可能性を示す証拠が次々と発見されている。これは、発語パターンの変化が機械的であるが故に原因が特定できないという考え方を支持するものである[8][9]従って、外国語訛りのように感じられるのは、恐らく聞き手の側にパレイドリア効果を生ずるためであろう[要出典]

初期の事例[編集]

同症状は1907年にフランスの神経学者ピエール・マリーによって初めて言及され[4]、また1919年にも別の初期の事例がチェコ人の研究において報告された[10] 。同症候群の他の有名な事例には、若い女性アストリッド・Lが空襲の最中榴散弾により頭部に外傷を負った後に発症したという1941年ノルウェーにおける例がある。負傷から快復したかに見えた後、強いドイツ語系のように聞こえる訛りが残り、仲間のノルウェー人から遠ざけられるようになった[11][12]

メディアの報道[編集]

外国語様アクセント症候群の事例はしばしばメディアによる大々的な報道が行われ、マスメディアにおいては諸事例が脳梗塞[13][14][15][16][17]、アレルギー反応[18]、身体の損傷[17][19][20]、偏頭痛[21][22][23][24][25][26][27][28]など様々な要因により生じたことが報道されてきた。インサイド・エディションディスカバリー・ヘルス・チャンネルMystery ERで外国語様アクセント症候群の女性が特集された[29]。2008年10月、2013年9月にはBBCが外国語様アクセント症候群が激しい偏頭痛から生じたというデヴォン出身の女性について、1時間のドキュメンタリーが公開された[30][31][32]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Kurowski KM, Blumstein SE, Alexander M. (1996). "The foreign accent syndrome: a reconsideration," Brain Lang., 54(1), 1–25.
  2. ^ Severe migraines give Devon woman a bizarre Chinese accent at”. Asylum.co.uk. 2011年6月16日閲覧。
  3. ^ a b Mariën, P.; Verhoeven, J.; Wackenier, P.; Engelborghs, S.; De Deyn, P. P. (2009年). “Foreign accent syndrome as a developmental motor speech disorder”. Cortex 45 (7): 870–878. doi:10.1016/j.cortex.2008.10.010. PMID 19121521. 
  4. ^ a b Marie P. (1907). Présentation de malades atteints d’anarthrie par lésion de l’hémisphère gauche du cerveau. Bulletins et Mémoires Société Médicale des Hopitaux de Paris, 1: 158–160.
  5. ^ “Croatian teenager wakes from coma speaking fluent German”. Telegraph (Telegraph Media Group). (2010年4月12日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/croatia/7583971/Croatian-teenager-wakes-from-coma-speaking-fluent-German.html 2010年4月17日閲覧。 
  6. ^ Foreign Accent Syndrome: What Is It? And Most Notable Cases”. Healthmango. 2013年10月24日閲覧。
  7. ^ Miller, Nick; Jill Taylor, Chloe Howe, Jennifer Read (2011年9月). “Living with foreign accent syndrome: Insider perspectives”. Aphasiology 25 (9): 1053–1068. doi:10.1080/02687038.2011.573857. http://journals1.scholarsportal.info.myaccess.library.utoronto.ca/show_html.xqy?uri=/02687038/v25i0009/1053_lwfasip.xml&school=toronto 2012年12月9日閲覧。. 
  8. ^ Mariën P., Verhoeven J., Engelborghs, S., Rooker, S., Pickut, B. A., De Deyn, P.P. (2006). A role for the cerebellum in motor speech planning: evidence from foreign accent syndrome. Clinical Neurology and Neurosurgery, 108, 518-522.
  9. ^ Mariën P., Verhoeven J. (2007). Cerebellar involvement in motor speech planning: some further evidence from foreign accent syndrome. Folia Phoniatrica et Logopaedica, 59:4, 210-217.
  10. ^ Pick, A. 1919. Über Änderungen des Sprachcharakters als Begleiterscheinung aphasicher Störungen. Zeitschrift für gesamte Neurologie und Psychiatrie, 45, 230–241.
  11. ^ Monrad-Krohn, G. H. "Dysprosody or Altered 'Melody of Language'." Brain 70 (1947): 405-15.
  12. ^ Foreign Accent Syndrome Support”. 2013年10月24日閲覧。
  13. ^ Naidoo, Raveeni (2008年7月1日). “A Case of Foreign Accent Syndrome Resulting in Regional Dialect”. the Canadian Journal of Neurological Science. http://cjns.metapress.com/app/home/contribution.asp?referrer=parent&backto=issue,17,23;journal,24,81;linkingpublicationresults,1:300307,1 2008年7月3日閲覧。 
  14. ^ “Ontario woman gains East Coast accent following stroke”. CBC News. (2008年7月3日). http://www.cbc.ca/news/health/story/2008/07/03/stroke-accent.html 2008年7月3日閲覧。 
  15. ^ Bunyan, Nigel (2006年7月4日). “Geordie wakes after stroke with new accent”. Telegraph (Telegraph Media Group Limited). http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1522997/Geordie-wakes-after-stroke-with-new-accent.html 2007年12月30日閲覧。 
  16. ^ Lewis, Angie; Guin, Karen. “Communicative Disorders Clinic Diagnoses Rare Foreign Accent Syndrome in Sarasota Woman”. University of Central Florida-College of Health and Public Affairs. http://www.cohpa.ucf.edu/news/story_comdisclinic.cfm 2007年12月29日閲覧。 
  17. ^ a b "I woke up with a Russian accent" at guardian.co.uk
  18. ^ Foreign Accent Syndrome (FAS) Support”. Utdallas.edu. 2013年10月24日閲覧。
  19. ^ Woman Gets Oral Surgery, Wakes Up With Irish Accent”. Huffingtonpost.com (2011年6月5日). 2011年6月16日閲覧。
  20. ^ POSTED: 8:28 am EDT May 6, 2011 (2011年5月6日). “Woman Gets New Accent After Dentist Visit”. Wmtw.com. 2011年6月16日閲覧。
  21. ^ Health Sentinel: Connecting symptoms finally leads to disorder diagnosis”. The News-Sentinel (2010年12月6日). 2014年4月8日閲覧。
  22. ^ Migraine left woman with Chinese accent”. The Sunday Times (2010年4月20日). 2010年4月20日閲覧。
  23. ^ “Severe Migraine Leaves English Woman with Chinese Accent”. Fox News. (2010年4月19日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,591259,00.html?loomia_ow=t0:s0:a4:g4:r1:c0.000000:b0:z5 2010年4月20日閲覧。 
  24. ^ “Plymouth woman 'woke up sounding Chinese'”. BBC News. (2013年9月3日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-23953314 2013年9月3日閲覧。 
  25. ^ Morris, Steven (2010年9月14日). “Woman's migraine gave her French accent”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/uk/2010/sep/14/woman-awoke-migraine-french-accent 
  26. ^ “Migraine gives woman French accent”. The Independent (London). (2010年9月14日). http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-news/migraine-gives-woman-french-accent-2079032.html 
  27. ^ “Grandmother goes to bed with migraine... and wakes up speaking with a French accent”. The Daily Mail (London). (2010年9月15日). http://www.dailymail.co.uk/health/article-1311835/Gran-Kay-Russell-goes-bed-migraine-wakes-French-accent.html 2010年9月16日閲覧。 
  28. ^ “Coping with Foreign Accent Syndrome”. BBC News. (2010年9月13日). http://www.bbc.co.uk/news/health-11280005 2013年9月3日閲覧。 
  29. ^ “Woman's Accent Foreign Even to Her”. The Seattle Times. (2008年10月27日). http://seattletimes.nwsource.com/flatpages/video/seattletimesvideo.html?bcpid=1543292770&bclid=1543290205&bctid=1878208652 2008年10月27日閲覧。 
  30. ^ BBC One - The Woman Who Woke Up Chinese”. Bbc.co.uk (2013年9月3日). 2013年10月24日閲覧。
  31. ^ Sarah Colwill, British Woman, 'Woke Up Chinese' After Suffering Severe Migraine In Hospital [VIDEO]”. Medicaldaily.com (2010年3月7日). 2013年10月24日閲覧。
  32. ^ Sarah Colwill Speaks Out About Foreign Accent Syndrome In BBC Documentary 'The Woman Who Woke Up Chinese'”. Huffingtonpost.com. 2013年10月24日閲覧。

関連文献[編集]

  • Dankovičová J, Gurd JM, Marshall JC, MacMahon MKC, Stuart-Smith J, Coleman JS, Slater A. Aspects of non-native pronunciation in a case of altered accent following stroke (foreign accent syndrome). Clinical Linguistics and Phonetics 2001;15:195-218.
  • Gurd, J. M.; Bessell, N. J.; Bladon, R. A.; Bamford, J. M. (1988年). “A case of foreign accent syndrome, with follow-up clinical, neuropsychological and phonetic descriptions”. Neuropsychologia 26 (2): 237–251. PMID 3399041. 
  • Gurd, J. M.; Coleman, J. S.; Costello, A.; Marshall, J. C. (2001年). “Organic or functional? A new case of foreign accent syndrome”. Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior 37 (5): 715–718. PMID 11804223. 

外部リンク[編集]