増反射ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増反射ミラー(ぞうはんしゃミラー)とは、太陽熱発電反射鏡プロジェクターランプの後部ミラーに使われる、 (Ag) やアルミニウム (Al) の蒸着膜の上に誘電体多層膜でできた増反射蒸着膜により干渉作用をもちいて反射率を極めて高めた(ミラー)のこと。

自動車ヘッドランプの反射鏡やレーザー光学系にも使われる。


関連項目[編集]