垂直記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

垂直記号(すいちょくきごう)は「⊥」の形をした幾何学で用いられる記号である。

概要[編集]

垂直記号は、下線の中央上に接する縦線を引く図形を書く。垂直記号の前後が垂直であることを示す。 似た記号に直角記号「∟」があるが、これは角が直角であることを示すために3頂点の前に使用される図形のため、垂直記号とは異なる。

使用例[編集]

AB ⊥ CD (線分ABと線分CDが垂直の位置にあることを示す。)
⊿ABC ⊥ ▱DEFG (直角三角形ABCと平行四辺形DEFGが垂直の位置にあることを示す)


符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+22A5 1-2-61 ⊥
⊥
UP TACK
U+27C2 ⟂
⟂
垂直
PERPENDICULAR

関連項目[編集]