地震予兆研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般社団法人地震予兆研究センター
正式名称 一般社団法人地震予兆研究センター
英語名称 Earthquake Prediction Research Center
略称 EPRC
所在地 日本
163-0226
東京都新宿区2-6-1新宿住友ビル26階
代表 佐藤克
設立年月日 2014年7月6日
関連組織

一般社団法人自然災害研究センター(NDRC) 株式会社アースインフォメーション

株式会社ファーラウト
公式サイト http://eprc.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人地震予兆研究センター(いっぱんしゃだんほうじん じしんよちょうけんきゅうセンター、Earthquake Prediction Research Center)は、新潟中越地震(2004年)発生時の消防庁長官であった元総務省事務次官の林省吾や、阪神淡路大震災(1995年)時に摂津市長であった森川薫等が設立した研究機関。[1]

NASAESAJAXA気象庁国土地理院産業技術総合研究所・全国農業試験場防災科学技術研究所等の公的機関の観測データを統合解析することで、自然災害被害を低減させることを目的に設立され、毎週月曜日に「地震予兆解析レポート」を賛助会員/自治体/消防団/自主防災会などに配信している。[2]

沿革[3][編集]

初代代表理事は元プリンスホテル常務の泉水良太。2代目は元三井住友銀行の尾上正孝。3代目の代表理事は佐藤克が務める。

2017年度から「公益社団法人」への移行のため、評議委員会を設け、元国連事務次長法眼健作や、元総務省事務次官の林省吾、初代内閣府政策統括官の吉井一弥、前日本商工会議所専務理事の中村利雄等が就任。[4]

  • 名称:一般社団法人地震予兆研究センター
  • 設立:平成26年7月8日
  • 住所:東京都港区海岸1-4-12 MKビル3階  *2018年1月30日に新宿住友ビル26階に移転

評議委員会[5][編集]

理事会[5][編集]

  • 代表理事  佐藤克    
  • 理事    太田光明   東京農業大学教授
  • 理事    川﨑和寛   元マクラーレンホンダ エンジニア
  • 理事    高橋実芳子  NPO法人兵庫県防災士会 理事
  • 理事    森川薫    元摂津市長
  • 理事    八木下重義  人工衛星データ解析者
  • 理事    横山公一   インテリジェントウィルパワー株式会社 代表取締役
  • 監事    大山哲治   IYO税理士法人 代表税理士

顧問[5][編集]

  • 顧問    宮岡孝之  今村記念法律事務所 代表弁護士/専修大学法科大学院教授
  • 顧問    松長昭   CCISJ現代イスラム研究センター 理事
  • 顧問    足立信之  日本経営堂協会 執行理事
  • 顧問    北尾浩士  和歌山トルコ文化協会 会長
  • 顧問    出口孝   串本青少年センター長

研究内容[6][編集]

公的機関のデータ統合収集を行い、統合解析を通じ、減災を目的にした研究を行っている。[7]


海外との共同研究[8][編集]

地震予兆研究センターと、インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)は、2017年7月に大地震や津波被害の減災のための国際共同研究を締結した。[9]

BMKGをカウンターパートナーとして、国家防災庁(BNPB)、宇宙開発庁(LAPAN)、空間物理庁(BIG)、エネルギー資源庁(ESDM)、農業省(MOAG)等インドネシア政府9機関と国際共同研究を締結。[10]


インドネシアでは過去に大きな災害を幾度も経験しており、そういった自然災害に対する意識も高いことから共同研究の締結に至った。 インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)、インドネシア国家防災庁(BNPB)、インドネシア地理空間情報庁(BIG)、バンドン工科大学防災研究所(ITB)等と共同で「EPRC INDONESIA」をBMKG内に設立。[11]

インドネシア気象気候地球物理庁 プレスリリース 2017年7月10日発表[12]

人工知能(AI)を活用した統合解析[13][編集]

日本のAI(人工知能)専門開発会社である株式会社9DW(東京都港区・代表取締役 井元剛)と、アジア全域の様々な観測データのビッグデータ統合解析にAIを用いて自動解析する共同研究を締結。[14]

現在、地震予兆研究センターが進めているBMKG(インドネシア気象庁)、BNPB(インドネシア国家防災庁)、BIG(インドネシア空間物理庁)、LAPAN(インドネシア宇宙開発庁)等との「アジア自然災害データプラットフォーム」国際共同研究においても、共同で取り組む予定。 [15][16]

日本病院会との連携[17][編集]

一般社団法人日本病院会と、病院自体の被害リスク軽減、及び災害時医療活動における事前計画の見直しのために、「事前情報活用契約」を2017年12月に締結。[18]


出典[編集]

  1. ^ JAF MEDIA PARK掲載記事 http://jafmate.jp/blog/news/171215.html
  2. ^ 地域防災力向上シンポジウムより抜粋
  3. ^ 一般社団法人地震予兆研究センター法人概要 http://eprc.or.jp/
  4. ^ 一般社団法人地震予兆研究センター組織概要から抜粋
  5. ^ a b c 一般社団法人地震予兆研究センター組織概要 http://eprc-japan.top/
  6. ^ 一般社団法人地震予兆研究センター 解析方法 http://eprc.top/
  7. ^ インドネシア気象庁プレスリリースから抜粋
  8. ^ Official BMKG website http://www.bmkg.go.id/berita/?p=bmkg-eprc-jepang-lakukan-penelitian-gempa-bumi&lang=ID
  9. ^ プレスリリース http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CNRR2017157772.html
  10. ^ http://www.bmkg.go.id/berita/?p=bmkg-eprc-jepang-lakukan-penelitian-gempa-bumi&lang=ID
  11. ^ http://www.bmkg.go.id/berita/?p=bmkg-eprc-jepang-lakukan-penelitian-gempa-bumi&lang=ID
  12. ^ インドネシア気象気候地球物理庁 プレスリリース 2017年7月10日
  13. ^ http://www.news2u.net/releases/157809
  14. ^ プレスリリース http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CNRR2017157809.html
  15. ^ Republika Newspaper, 12 July 2017, page unknown. Article title ‘BMKG Trains Disaster Warning System to Pacific Countries’
  16. ^ PRESS RELEASE COLLABORATIVE RESEARCH AGREEMENT BETWEEN BMKG AND EPRCH (EARTHQUAKE PREDICTION RESEARCH CENTRE JAPAN) ON “BIG DATA INTEGRATION ANALYSIS PROGRAM UTILIZING AI OF INDONESIA’S TSUNAMI DAMAGE REDUCTION”
  17. ^ https://www.hospital.or.jp/pdf/00_20171210_01.pdf
  18. ^ プレスリリース http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CNRR2017157777.html