地獄の口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地獄の口(じごくのくち、ポルトガル語、Boca do inferno)とは、 ユーラシア大陸の西端部のイベリア半島の西端部の海岸に存在する洞窟である。 ちなみに、ポルトガル語の「boca」は「口」や「入口」という意味で、 「inferno」は「地獄」という意味である。

「地獄の口」と呼ばれる洞窟の入口部分。

この洞窟は、ポルトガル中部のリスボン県カスカイス付近の海岸に存在している。 ポルトガルの首都であるリスボンからでも、せいぜい20 km程度の距離である。 映画の黎明期に作られた、 1896年のイギリスのサイレント映画作品『A Sea Cave Near Lisbon』 (「リスボンの近くの海の洞窟」といった意味の題名)に登場したことで知られている [1][2]

出典[編集]

  1. ^ Howes, C. J. (1989). “E. K. Tratman's Underground Cine Films 1933-1937”. Proceedings of the University of Bristol Spelaeological Society 18 (3): 415. http://www.ubss.org.uk/resources/proceedings/vol18/UBSS_Proc_18_3_415-421.pdf. 
  2. ^ Travassos, Luiz Eduardo Panisset (2007). “Visões do relevo cárstico na mídia: literatura, filmes e notícias” (Portuguese). Revista de Biologia e Ciências da Terra 7 (2): 111. オリジナルの2013年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131113152105/http://eduep.uepb.edu.br/rbct/sumarios/pdf/carstenamidia.pdf.