地獄でメスがひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地獄でメスがひかる』(じごくでメスがひかる)は、高階良子による日本漫画作品。

なかよし』(講談社)にて1972年7月号から1972年10月号まで連載された。 1999年、講談社漫画文庫が刊行。2015年、なかよし60周年記念で復刻された[1]

あらすじ[編集]

出自と、そして何より容姿のあまりの醜さから家族からも虐げられていた弥生ひろみは、自殺しようとしたところを、医学界から追放された身の天才医師、巌俊明に助けられる。アル中のおじの代わりに実質的に病院を運営していた俊明は、おじの制止を振り切り、良心の呵責すらマリファナで無視して、ひろみに全身を整形する手術の話を持ちかける。手術を受けたひろみは、まるで別人のように美しくなることが出来た。写真家に声をかけられモデルデビューを果たし、幸せの絶頂に。

しかし、俊明に惚れている看護婦のユキはひろみに嫉妬し、真実を教えてしまう。俊明が行ったのは全身整形などではなく、死体を接ぎ合わせて美しく作り上げた人造人間に彼女の脳を移植したのであり、そして、元の醜い肉体は保存されていて、それを使って大々的に発表して、自分を追放した医学界に一矢報いるつもりだということを

ひろみは、元の肉体を自らの手で、メスで切り刻んで焼いてしまった。それを知った俊明は激怒したが、次第に心のバランスがとれなくなり、薬物に溺れていく。一方のひろみも、精神が壊れてしまう。

そして、医師免許を剥奪されたはずの俊明による医療行為や実験の噂が広まり、二人に破滅が訪れる……。

書誌情報[編集]

出典・参考[編集]

[ヘルプ]