土師猪手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土師 猪手(はじ の いて、生年不詳 - 皇極天皇2年11月1日(643年12月20日))は、飛鳥時代の人物。氏姓土師連、のち土師娑婆連(はじのさばのむらじ)。土師磐村の子。冠位大仁

推古天皇11年(603年)に征新羅大将軍であった来目皇子葬儀周防国で行っている。周防国佐波に来目皇子の殯宮を造ったことから、娑婆連姓を名乗るようになった。

皇極天皇2年(643年)、皇極天皇の生母である吉備嶋皇祖母命(吉備姫王)が薨去し、天皇の詔によって吉備姫王の葬儀執行を担当する。

しかしその年の11月1日(12月20日)、上宮王家襲撃事件では、巨勢徳多に従い100名の兵で斑鳩宮を攻めるが奴三成に討たれ、戦死する。