国際FSA拳真館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際F.S.A拳真館(こくさいえふえすえーけんしんかん)とは、日本フルコンタクト空手団体の一つ。1996年10月創設[1]。館長は羽山威行。

「F.S.A」とは、フルコンタクト(Full Contact)、サブミッション(Submission)、アーツ(Arts)のアクロニムである。

概要[編集]

少林寺拳法連盟に所属していた羽山威行が、少林寺拳法より独立して設立したフルコンタクト空手団体である。通常のフルコンタクト空手ルールの試合のほかに、この団体独自の特徴として、防具着用の上で、手による顔面攻撃およびスタンディングでの関節技を認めている「ケイオス空手」と呼ばれる試合が存在する。グローブ空手(ボクシンググローブを着用した顔面攻撃有の空手)の試合も行われている。

海外に多数の支部を持つ[2]

一時期、ミャンマーラウェイを彷彿とさせる防具を着用せず素手(バンテージのみ着用可)での顔面攻撃を認めた「ケイオス・マッドマックス」という興行を開催していた[3]

主要選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]