国立編訳館 (台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国立編訳館の旧跡。現在は国家教育研究院(台北院区)として使用されている。

国立編訳館は、中華民国台湾教育部に属する学術・文化の書籍の編集・翻訳を行う行政部門。2011年3月30日に国家教育資料館と統合し、国家教育研究院中国語版となった[1]

概要[編集]

1932年6月14日に設立。1949年6月中華民国の亡命政府とともに台北に移って、現在は台北市大安区にある。教科書の作成も行い、以前は小中学校の唯一の国定教科書として用いられたが、現在は民間企業も教科書を発行している[注釈 1]

逸話[編集]

初期の台湾では中学(国民中学)の「国文」教科書に、「祭鱷魚文」「祭十二郎文」「瀧岡阡表」「先妣事略」「祭妹文」「先母鄒孺人靈表」「林覺民與妻訣別書」「懷念先師蔡元培先生」など非常に多くの祭文が引用掲載された。そのため、国立編訳館は「国立殯儀館」(国立葬儀場)と揶揄されるほどであった[2]

歴代館長[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1997年に使用が始まった『認識台湾』も国立編訳館によって刊行された教科書である。

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)走過80年 國立編譯館將褪入歷史2011-03-21,公共電視台
  2. ^ 侯文詠『愛情免疫學』

外部リンク[編集]