嘉数昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
嘉数昇

嘉数 昇(かかず のぼる、1902年3月15日 - 1974年7月23日)は、沖縄県実業家琉球生命保険の設立に携わり、また沖縄大学の母体である嘉数学園を設立する。沖縄県那覇市出身。

経歴[編集]

明治35年(1902年)3月15日生まれ。大正4年(1915年)に真和志尋常高等小学校を卒業後、昭和7年(1932年)に日本生命保険に入社し沖縄支部長を務めた。

戦後、琉球列島米国軍政府より保険会社設立に関する相談を受け、保険業に精通している嘉数が中心となって1948年に琉球生命保険を創設した。その後、キャラウェイ旋風のあおりを受け、一時琉球生命の経営から身を引いたが、まもなく復帰した。

また、1956年に嘉数学園を設立し、沖縄大学などを運営した。

関連項目[編集]