喜多川秀麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜多川秀麿
Fuyu no yanebune LCCN2009615547.jpg
ヒト
国籍江戸幕府 編集
喜多川きたがわ 編集
生年月日不明な値 編集
死亡年月日不明な値 編集
職業画家 編集
読み仮名きたがわ ひでまる 編集
師匠喜多川歌麿 編集
活動期間(開始)1801 編集
活動期間(終了)1818 編集
修正ヘボン式ローマ字表記Hidemaru Kitagawa 編集

喜多川 秀麿(きたがわ ひでまる、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

喜多川歌麿の門人。俗称春治、松好斎と号す。下谷柳稲荷社前に住む。享和から文化のころにかけて版本の挿絵、錦絵肉筆美人画を描く。肉筆画については作例は少ない。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 『東京国立博物館所蔵 肉筆浮世絵』 東京国立博物館、1993年 ※114 - 115頁
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(2) 東京国立博物館Ⅱ』 講談社、1995年 ※196頁
  • 『奈良県立美術館所蔵吉川観方コレクション 肉筆浮世絵名品展』 浮世絵太田記念美術館、1996年

関連項目[編集]