喜多川千代女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

喜多川 千代女(きたがわ ちよじょ、生没年不詳)は、江戸時代の女性浮世絵師

来歴[編集]

喜多川歌麿の門人。一説には歌麿の妻ともいわれる。画姓に喜多川を使用、千代女と号す。天明4年(1784年)から天明5年(1785年)に主に版本の挿絵を描いている。

作品[編集]

  • 『金平子供遊』黄表紙 天明4年
  • 『年始御礼帳』 黄表紙 四方赤良作 天明4年
  • 『嘘皮初音鼓』 黄表紙 桜川杜芳作 天明5年
  • 『元利安売鋸商内』 黄表紙 恋川春町作 天明5年
  • 『莫切自根金生木』 黄表紙 唐来参和作 天明5年

参考文献[編集]