喜六と清八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
喜六から転送)
移動先: 案内検索

喜六と清八(きろく と せいはち)は、上方落語に頻繁に登場する架空の人物。江戸落語には登場しない、上方落語独自の登場人物である[1]

人物[編集]

ほとんどの噺の場合、大阪(大坂)に住んでいる。一般的な展開では2人一緒に登場し、喜六がうっかり者もしくは「ボケ」、清八がしっかり者もしくは「ツッコミ」の役割を受け持つ[2]

喜六の通称は「喜ぃさん」もしくは「喜ぃ公」。与太郎や甚兵衛に見られる「茫洋としたところ」[1]と、八五郎の「おっちょこちょいなところ」[1]を備えている。喜六が単独で登場する噺もあるが、特異な名前である必要がなく、ボケが出来る若者が求められている際に登場する[3]

清八の通称は「清やん」。しっかりとした性格で、喜六の兄貴分として振舞っている[4]。喜六を引っ張っていく形で噺を展開させる存在である[5]

主な登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『落語登場人物辞典』 57頁。
  2. ^ 『落語入門百科』 108頁。
  3. ^ 『落語入門百科』 109頁。
  4. ^ 『落語登場人物辞典』 86頁。
  5. ^ 『落語登場人物辞典』 86-87頁。

参考文献[編集]