和泉家志ん治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和泉家 志ん治(いずみや しんじ 1945年 - )は、日本の落語家[1]ローカルタレント

来歴[編集]

長野県松本市生まれ[2]。 本名は前田信二。長野県松本県ヶ丘高等学校 [3] を経て明治大学卒業[4]。 大学時代から落語研究会に所属し、大学卒業後もローカルタレント、落語家として活動している。

人物[編集]

落語は明治大学在学中、落語研究会に所属していた時[2]、当時落研の顧問であった金原亭馬の助との出会いが「志ん治(しんじ)」の運命を決定づけたと言っても過言ではなく、在学中より師匠のもとで修業する[2]。 師匠亡き後は、故郷長野県に活動の場を求め、落語公演の他、ラジオ、テレビCM、DJ、レポーター等に出演し活動の幅を広げている。 地元企業のアルプスタクシーのCMでは1985年「フジテレビローカルCM大賞」を受賞[5]。 各種イベント・結婚披露宴の司会、PTA・企業・各種団体等での「笑い」についての講演会など、現在「気軽に愛され親しまれるよう」笑い療法士としても活躍している[6]

脚注[編集]

  1. ^ 日本笑い学会信州支部 講師団所属
  2. ^ a b c 「六平の一声一大 フォーク祭り40周年記念イベント2010年1月23日 和泉家志ん治プロフィール」”. 2013年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月24日閲覧。
  3. ^ [P203.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  4. ^ 「信州JOHO発信局 バクさんの愉快な仲間たち 言いたい放談!? 」 2013/06/02 に公開 『松本県ヶ丘高等学校創立90周年番組 我が母校へのメッセージ 先人達が遺した伝統、そして現役生徒へ語り継ぐ熱き想い 』 バクさんのラグビー部の先輩で、落語家の和泉家志ん冶こと前田信二さんに松本県が丘高校時代の今だから明かすことのできる楽しいお話をお聞きしています。
  5. ^ アルプスタクシーCM劇場
  6. ^ 「つづく歯科医院院長のブログ」和泉家志ん治師匠

外部リンク[編集]