呑水 (食器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白色の呑水
右側に天つゆが入れられた呑水が写っている。

呑水(とんすい)とは、縁の一部がやや突出した、鍋料理を取り分ける際に使われる小である[1][2]天つゆを入れることもある[1][2]湯匙とも書き、中国語でタンチー tāngchíと読む[3]

縁の突出部は取っ手の名残とされるが、ここを持つと不安定である[2]

由来[編集]

由来には諸説ある。中国の陶製の匙「湯匙」が日本に伝わった説[1]、または単に長崎地方の方言という説がある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c とんすい”. 日本の食べ物用語辞典. 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c 実用日本語表現辞典『呑水』 - Weblio辞典
  3. ^ デジタル大辞泉『湯匙』 - コトバンク
  4. ^ おしゃれな和食器「とんすい」とは?正しい持ち方&不思議な由来”. macaroni. 2019年1月5日閲覧。

関連項目[編集]