呂公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

呂 公(りょ こう)は、

秦末の人物[編集]

呂 公(りょ こう、生年不詳 - 紀元前203年高祖4年)[1])は、中国秦末期の人。呂雉の実父。本名は諸説あるが、『史記集解』に引く『相経』によれば呂文(字は叔平)だという。出身はとも汝南新蔡ともいう。単父では名士であった。

得意の人相見で、劉邦を娘呂雉の婿にしたエピソード(詳細)が知られている。『史記集解』によれば漢の元年(紀元前206年)に臨泗侯となり、高后元年(紀元前187年)に呂宣王と追謚したという。郭沫若はこの人物を呂不韋の一族と考えている。

後漢末の人物[編集]

呂 公(りょ こう、生没年不詳)は、中国後漢末期の人。劉表配下の将。『三国志』の注に引く『英雄記』に登場する。

193年(初平4年)、劉表が孫堅に攻められた時、呂公配下の兵が石を落として抵抗したところ、孫堅にその石が当たり、頭を強打して脳髄を出す程の傷を受け即死したと言われる(襄陽の戦い)。
三国志演義』では、その後孫堅の戦死により敗走する孫堅軍を追撃するが、敵討ちに燃える程普に討ち取られることになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』巻九十七 外戚伝