向井巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

向井 巌(むかい いわお、安政5年7月28日[1]1858年9月5日) - 昭和11年(1936年1月15日[2])は、日本の検察官錦鶏間祗候

経歴[編集]

肥前国佐賀県)出身。1887年明治20年)、判事登用試験に合格して検事となった。水戸地方裁判所検事正、宇都宮地方裁判所検事正を歴任。1908年(明治41年)より平壌控訴院検事長、平壌覆審法院検事長を務めた。1917年2月に退官し[3]、同年12月15日に錦鶏間祗候となった[4]

出典[編集]

  1. ^ 人事興信録 1915.
  2. ^ 『官報』第2711号、昭和11年1月18日。
  3. ^ 『官報』第1363号、大正6年2月19日。
  4. ^ 『官報』第1613号、大正6年12月17日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。