吉岡三平 (三蟠村長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉岡 三平
よしおか さんぺい
生年月日 1838年????
出生地 備前国岡山藩
没年月日 (1897-09-23) 1897年9月23日(59歳没)

在任期間 1889年6月1日 - 1897年9月
テンプレートを表示

吉岡 三平(よしおか さんぺい、1838年 - 1897年9月23日)は、備前国岡山藩(現・岡山市中区平井)出身の吏員地方政治家

来歴[編集]

1838年岡山藩(現・岡山市中区)平井に生まれる[1]。古くから人望が厚かった[1]

1870年、網浜、平井地区の目代役となり[1]、続いて副戸長となる[1]

その後、平井、山崎、湊、倉富、倉益、倉田6地区の副戸長を務め[1]1884年、藤崎、江崎、江並3地区の戸長となる[1]

町村制実施後の1889年上道郡三蟠村長に就任[1]し、1897年9月まで務めた[1]

1897年9月23日死去。享年60。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『岡山人名辞典』418頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]