吉備笠垂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
吉備笠垂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 志太留
官位 大錦下
主君 孝徳天皇
氏族 吉備
父母 父:吉備笠羽鳥
笠麻呂、笠御室、笠金村
テンプレートを表示

吉備笠 垂(きびのかさ の しだる)は、飛鳥時代官人。名は志太留とも表記される。。吉備笠羽鳥の子。冠位大錦下[1]

経歴[編集]

大化元年(645年)9月3日に垂は蘇我田口川堀物部朴井椎子倭漢文麻呂朴市秦田来津らと共に、古人大市皇子を擁して謀反を企てる[2]。しかし、垂は9月12日に中大兄皇子にこれを密告する(或本では、垂は阿倍内麻呂蘇我倉山田石川麻呂に自白したことになっている)[3]。その結果、古人皇子はすぐさま、あるいは11月30日に攻められて息子ともども殺害された。垂はこの功で功田20を賜った。なお、天平宝字元年(757年)になってから、この功労は中功に当たるとして二代に相続されることとなった[1]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 続日本紀天平宝字元年12月9日条
  2. ^ 日本書紀大化元年9月3日条
  3. ^ 『日本書紀』大化元年9月12日条
  4. ^ a b c d 鈴木真年『諸系譜』第1冊,笠朝臣

参考文献[編集]