吉井小百合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉井 小百合
吉井小百合
2008年ワールドカップ(ベルリン)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-11-28) 1984年11月28日(33歳)
出身地 長野県茅野市
公式サイト Baby's breath(公式ブログ)
 
獲得メダル
世界スプリント選手権
2010 帯広 総合

吉井 小百合(よしい さゆり、現在の本姓は橋本、1984年11月28日 - )は、元スピードスケート選手。最も得意な種目は500mで、1000mでも力を発揮した。

略歴[編集]

長野県茅野市出身。茅野市立泉野小学校、茅野市立東部中学校東海大学付属第三高等学校を経て、日本電産サンキョーに所属していた。出身の泉野小学校は校庭に毎冬リンクを作りスケートの授業がある。5歳の頃、姉の影響でスピードスケートを始める。

ワールドカップ(W杯)通算2回優勝。2006年トリノオリンピックでは、500m9位、1000m15位だった。

2010年バンクーバーオリンピック、500mでは5位と前大会より順位を上げ入賞を果たしたが、1000mは15位と前回と同じで、1500mは26位と芳しくなかった。

2010年5月6日に現役生活からの引退を表明し、日本電産サンキョースケート部コーチに就任。地元茅野市でスケート教室を開くこともある[1]

2012年、誕生日でもある11月28日にブログで結婚と妊娠を報告、ならびに所属する日本電産サンキョーからの退社も発表。[2]同年12月31日にブログで第一子(男子)を出産したことを発表した。

現役時代の課題[編集]

フォームにばらつきがあるため、500mで圧倒的な実力を誇るジェニー・ウォルフドイツ)、実力ナンバー2の王北星中国)、同ナンバー3の李相花韓国)に大きく差をつけられている状態であった。2010年バンクーバーオリンピックではこの3人の後塵を拝する形となり、500mで5位だった(1位は李相花、2位はウォルフ、3位は王北星)。

エピソード[編集]

  • 1ヶ月で増えた体重を1週間で減量したことがある[3]
  • 近所の人に「お仕事何してるの?」と訊かれ、「チョット…」と濁したところ、「モデルか何か?」と言われたことが非常に嬉しかったと言う[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]