古野清之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古野清之
生誕 (1939-06-02) 1939年6月2日(79歳)
日本の旗 日本長崎県
出身校 長崎県立長崎東高等学校
甲南大学経営学部経営学科
職業 実業家
活動期間 1962 - 現在
肩書き 古野電気社長
任期 1999 - 2007
前任者 国友茂
後任者 古野幸男

古野 清之(ふるの きよゆき、1939年6月2日[1] - )は、日本実業家。元古野電気会長、社長。長崎県出身。

経歴[編集]

1939年長崎県生まれ[1]。10人兄弟の三男で、兄の古野清孝(長男)と古野清賢(次男)は古野電気の創業者である[2][3]長崎県立長崎東高等学校を経て[4]1962年甲南大学経営学部経営学科を卒業後、古野電気に入社[1]1985年5月取締役、1989年5月常務、1990年3月国内本部長、1991年5月専務、1995年3月舶用機器事業部長、1996年5月代表取締役専務、1997年5月副社長を経て、1999年6月社長に就任した[1]

就任当時、同社の売上経常利益はいずれも下降していた[5]。そこで、長期的なビジョン(フルノビジョン)や、その実現に必要となる企業としての価値観(フルノバリューズ)の策定に取り組み、社内の意識改革に努め、同社の業績回復を実現させた[5]2005年には産業振興に貢献したとして藍綬褒章を受章[6]2007年3月に社長を古野幸男と代わり、代表取締役会長を経て、2011年2月に顧問となった[1]

役職[編集]

  • 西宮商工会議所副会頭
  • 兵庫工業会副会長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 「電機:8 小粒で光る、専門分野の個性派(産業人国記)」『朝日新聞』1989年6月15日付大阪版朝刊、10頁。
  3. ^ 人物・島原の歴史シリーズ「第6回 未来へ続く人々」”. もっぱらしまばらWEBマガジン. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ 『長崎県立長崎東高等学校同窓会名簿』(長崎県立長崎東高等学校同窓会、1961年)142頁。「現況」欄に「甲南大学四年生」とある。
  5. ^ a b 活動レポート 第3回 第二創業塾”. 関西ニュービジネス協議会. 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ 「秋の褒章、県内から1団体40人」『朝日新聞』2005年11月2日付朝刊、神戸面。