古賀恒吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古賀 恒吉(こが つねきち、1883年明治16年) - 1953年昭和28年))は、日本剣道家。戸田流大日本武徳会剣道範士

経歴[編集]

佐賀県出身。13歳で戸田流陣内巌に剣術を学ぶ。その後納富教雄辻真平佐々木正宜に師事し、大日本武徳会武術教員養成所に入所する。

卒業後、大日本武徳会本部教授を経て、第四高等学校 (旧制)金沢医科大学 (旧制)の剣道師範を務める。

1929年(昭和4年)、御大礼記念天覧武道大会指定選士の部に出場。準々決勝で持田盛二に敗れる。

1931年(昭和6年)、大日本武徳会広島支部剣道師範となる。

1934年(昭和9年)、皇太子殿下御誕生奉祝天覧武道大会指定選士の部に出場。

1937年(昭和12年)、大日本武徳会から剣道範士号を授与された。

参考文献[編集]