古群山群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古群山群島
古群山群島の位置(韓国内)
古群山群島
古群山群島 (韓国)
各種表記
ハングル 고군산군도
漢字 古群山群島
発音 コグンサングンド
日本語読み: こぐんさんぐんとう
ローマ字 Gogunsangundo
テンプレートを表示

古群山群島(コグンサンぐんとう、朝鮮語: 고군산군도)は、大韓民国全羅北道群山市から南西に約50km離れた黄海上に位置する群島。63の島々で形成され、行政区は同市の沃島面に属す。そのうち16島が有人島である。

図中央左側の島々が古群島群島。中央がセマングム防潮堤。右上が群山市街。

高麗時代には群山鎮と呼ばれていたが、朝鮮時代世宗の際に、鎮が本土に移されたので、昔の群山という意味から「古群山」と呼ばれるようになった。セマングム防潮堤の通る新侍島(シンシド / 신시도)の月影山(ウォリョンサン)や大角山(テガクサン)の頂上からは古群山群島の全景が眺望できる。仙遊島(ソニュド / 선유도)、巫女島(ムニョド / 무녀도)、壮子島(チャンジャド / 장자도)など、一部の島が橋梁により繋がっている。近い将来、新侍島にも橋が掛かる予定。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度49分 東経126度28分 / 北緯35.817度 東経126.467度 / 35.817; 126.467