古宮八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古宮八幡宮(こみやはちまんぐう)は、福岡県田川郡香春町大字採銅所にある神社。旧村社

縁起[編集]

香春岳で産出する銅を宇佐神宮御神体銅鏡)として奉納していたことが縁となり、同神宮の御祭神であった応神天皇神功皇后の神霊を勧請したことに始まるとされる。

祭神としては豊比売命も共に祀られているが、豊比売命は近くに在る香春神社例祭の時には香春神社へ下向し、例祭が終わると再び古宮八幡宮に戻る。

歴史[編集]

  • 古宮八幡宮では長光家が宮柱を代々世襲している
  • 709年 官幣社の指定を受けたと伝えられている。
  • 720年養老4年) 宇佐神宮に宝鏡を奉納するにあたり、宮座が開設される。

神紋[編集]

丸に違い鷹の羽

年中行事[編集]

  • 宇佐神宮の放生会に合わせ、「清祀殿」にて宝鏡を鋳造し納めている。
  • 11月 霜月未祭(宮座祭)

その他[編集]

  • 全国的にも珍しい、白木造・杉葉葺き屋根の神輿が奉納されている。

関連書籍[編集]

  • 「宇佐八幡と古代神鏡の謎」 - 田村圓澄/木村晴彦/桃坂豊(著)ISBN 4900901407

座標: 北緯33度42分23.2秒 東経130度51分14.8秒 / 北緯33.706444度 東経130.854111度 / 33.706444; 130.854111