取舵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

取舵(とりかじ)とは、船舶の航行において、進行方向を転ずること。

実際の操船では“ぉぉりかぁじ”と発声する(反対の右に転ずる面舵は「おぉぉかぁじ」となる)。これは号令を、甲板上の強風でも聞き違いされないための工夫であり、わざわざ明らかに異なるイントネーションとしたものである。

語源[編集]

方角を十二支に分けた場合のの方向(西、北を上にすると左)に舵をとることから。英語ではPortという。これは、昔の船では、舵が右側に設けられており、舵のない左舷を港側にして接岸することが多かったためである[1]

脚注[編集]

  1. ^ マリレ情報よろず屋 第2号 (PDF) 海上保安庁第二管区海上保安本部マリンレジャー安全推進室、2012年9月

関連項目[編集]