双方向反射率分布関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

双方向反射率分布関数(そうほうこうはんしゃりつぶんぷかんすう、: bidirectional reflectance distribution function,、BRDF)は、反射モデルのひとつ。

双方向散乱面反射率分布関数を特殊化したもので、反射表面上の点 に方向 から光が入射したとき方向 へどれだけの光が反射されるかを表す関数である。非常に大雑把な言い方をすれば、反射率を一般化したものと言える。単位は1/srとなる。