医食同源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気予防し、治療しようとする考え方。

「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語された。この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。

初出は1972年NHKの料理番組『きょうの料理』の特集「40歳からの食事」において、臨床医・新居裕久が発表したもの(NHK「きょうの料理」同年9月号)。これは健康長寿と食事についてのもので、中国に古くからある薬食同源思想を紹介するとき、薬では化学薬品と誤解されるので、薬を医に代え医食同源を造語し、拡大解釈したものであると新居裕久は述懐している[1]

また、同年の1972年12月に『医食同源 中国三千年の健康秘法』(藤井建著)が出版されているが、これは前出の「医食同源」の語彙を転用したものである。その他の使用例では、朝日新聞の記事見出データベースの初出は1991年3月13日であった。また『広辞苑』では第三版には無く、1991年の第四版から収載されていた[2]

以上のことから考えると、この「医食同源」という言葉は1990年前後にはすでに一般で使われており、その思想も健康ブームなどにより、広く受け入れられてきたものと考えられる[3]

ちなみに、中国における「医食同源」的な思考とは、「肝臓を食べると肝臓に効く」「脳を食べると脳にいい」 「心臓を食べると心臓によい」といったような中国漢方的なものである[4]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【特別インタビュー】「21世紀の医食同源」刊行にあたって
  2. ^ 真柳誠「医食同源の思想-成立と展開」『しにか』9巻10号72-77頁、1998年10月
  3. ^ 大森洋平『考証要集』(文春文庫)には「薬膳」と同様、「そもそも中国語としての意味を成していないという」と書いてある。
  4. ^ 日中でまったく異なる「医食同源」

関連項目[編集]