北山高与志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北山 高与志
基本情報
本名皇治 北山 高与志
通称 ドラゴンキラー
キックヲタク
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-10-13) 1978年10月13日(38歳)
出身地 大阪府交野市
身長 177cm
体重 73kg
テンプレートを表示

北山 高与志(きたやま たかよし、1978年10月13日 - )は、日本男性キックボクサー。本名は北山 高与始(きたやま たかよし)。大阪府交野市出身。フリーランス。

チームドラゴン所属の選手と対戦する機会が多く、その勝率よりドラゴンキラーの異名を持つ。

現在、神戸市中央区にある特定非営利活動法人アイコラボレーション神戸で、車椅子の人たちとホームページを作る仕事をしている。

来歴[編集]

1994年一燈園高校在学中にキックボクシングジムに入門(当時17歳)。

2000年近畿大学在学中に関西アマチュアSB選手権大会・全日本アマチュアSB選手権大会 優勝。

2001年、就職のため、一時現役を引退。

2003年、神戸にあるS.F.Kキックボクシングジムにコーチとして入門。

2003年10月13日、ケガをした選手の代役としてプロデビュー。1RKO負け。

2005年1月30日、R.I.S.E. XIIにて尾崎圭司に判定0-2で敗北し、一念発起してリングネームを本名の高与始から高与志に改名。

2007年1月8日、我龍真吾の王座返上に伴い始まったJ-NETWORKウェルター級王座決定トーナメントに出場。1回戦、準決勝に勝利し、決勝進出を決めた。

2007年3月21日、J-NETWORKウェルター級王座決定戦で吉川英明に判定勝ち。J-NETWORKウェルター級王者となった[1]

2008年4月11日、J-NETWORKウェルター級タイトルマッチで渡辺雅和に3RTKO勝ちで同王座を防衛[2]

2009年2月15日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「2009士道館新春興行」WMAF世界ウェルター級タイトルマッチで王者水町浩に挑戦。判定勝ちでWMAF世界ウェルター級王者となった。

2010年9月11日、新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」で藤田ゼンと対戦し、1-2の判定負け。この試合からS.F.Kキックボクシングジムを離れ、フリーランスとなった[3]

2011年2月5日、「ビッグバン・統一への道 其の四」のメインイベントで城戸康裕と対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
25 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
14 5 9 0 1 0
10 2 8 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
源太郎 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japan Tournament FINAL 2011年6月25日
× 城戸康裕 3R終了 判定0-3 谷山ジム「ビッグバン・統一への道 其の四」 2011年2月5日
× 藤田ゼン 3R+延長R終了 判定1-2 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」 2010年9月11日
× 健太 3R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟
「熱風 零参」
2010年3月28日
× キム・セギ 2R 2:59 KO 長島☆自演乙☆雄一郎プロデュース DEEP KICK 2 2009年12月23日
マット%自演乙%魁塾 3R終了 判定3-0 長島☆自演乙☆雄一郎プロデュース DEEP KICK 2009年7月5日
水町浩 5R終了 判定3-0 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟 2009士道館新春興行
BREAK THROUGH-9 〜添野道場40周年記念大会〜
【WMAF世界ウェルター級タイトルマッチ】
2009年2月15日
川端健司 3R 1:55 TKO(ドクターストップ:カット) J-NETWORK「Let's Kick with J FINAL」 2008年11月30日
× 水町浩 3R+延長R終了 判定1-2 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
BREAK THROUGH-7 〜CHAMPION CARNIVAL〜 MA日本キック連盟4階級タイトルマッチ
2008年10月19日
渡辺雅和 3R 0:49 TKO J-NETWORK「Let's Kick with J the 2nd」
【J-NETWORKウェルター級王座決定戦】
2008年4月11日
× タカオサミツ 3R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS 2」 2007年9月16日
吉川英明 5R終了 判定3-0 J-NETWORK「The Starting Point of J 2nd」
【J-NETWORKウェルター級王座決定戦】
2007年3月21日
宏二 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「The Starting Point of J」
【J-NETWORKウェルター級王座決定トーナメント準決勝】
2007年1月8日
入江達郎 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「The Starting Point of J」
【J-NETWORKウェルター級王座決定トーナメント1回戦】
2007年1月8日
加藤健 3R 1:29 TKO(ドクターストップ) ニュージャパンキックボクシング連盟「ADVANCE X~前進~真王杯決勝戦」 2006年11月23日
関本宏 3R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-FIGHT WEST1」 2006年7月14日
兵頭和幸 判定3-0 MA四国大会 2006年7月2日
× 関本宏 延長R終了 判定0-2 FORCE 3 2005年10月16日
合嶋優樹 3R KO(パンチ連打) K-ダイナミズムバーニングバウトvol1 2005年10月2日
× 尾崎圭司 3R終了 判定0-2 R.I.S.E.ⅩⅡ 2005年1月30日
× 山口太雅 3R終了 判定0-3 SB「∞ーS~infinity-s~Vol.6」 2004年12月3日
加藤悟史 5R終了 判定0-0 M-1 ムエタイチャレンジ 2004年8月1日
ジョーム 2R KO(右ハイキック) M-1 ムエタイチャレンジ 2004年4月10日
KAWASAKI 3R終了 判定3-0 REAL DEAL BATTLE STAGE 2003年12月20日
× 笠原大介 1R KO POWER広島 2003年10月13日


獲得タイトル[編集]

  • アマチュア
    • 関西アマチュアSB選手権大会 優勝(2000年)
    • 全日本アマチュアSB選手権大会 優勝(2000年)
  • プロ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
我龍真吾
第3代J-NETWORKウェルター級王者

2007年3月21日 - 継続中

次王者
 
前王者
水町浩
第2代WMAF世界ウェルター級王者

2009年2月15日 - 継続中

次王者