加藤敏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 敏明(かとう としあき、1965年 - )は、日本の起業家。和食プロデューサー。加藤水産 [1]代表取締役社長。

来歴[編集]

1965年北海道厚岸生まれ。1988年東京都立大学 (1949-2011)工学部建築工学科卒業。1990年同大学大学院修士課程修了。同年、TAK建築・都市計画研究所に勤務[2]。一級建築士として美術館や劇場など公共施設の設計を手がける。水家業の蟹卸売業「加藤水産」のネット部門として、1998年に「北国からの贈り物」を立ち上げる。メールマガジン会員35万人、購入者のリピート率50%越えを達成し、楽天市場、ヤフーショッピングにて各賞を連続受賞。また全経済産業省推進事業IT経営百選「奨励賞企業」受賞。

2010年にシンガポールに会社を設立し北海道産品の海外輸出事業をスタート。2013年には40か国約8000名のメンバーによって構成されるEO(Entrepreneurs' Organization)の2013年2月のアジア経営者会議ABC(Asia Bridge Campus)を北海道に誘致。北海道の魅力をアジアへと届けるため、海外輸出事業を拡大するとともに鮨と蟹料理がメインの蟹鮨加藤[3]を展開。海外の日本人起業家ネットワーク「一般社団法人WAOJE」(ワオージェ: World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)の理事を務める。著書に『Eコマース成功の条件』『TOP0.1%の条件 ECビジネス成功者たちの志力』など。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 蟹鮨 加藤:創業55年を迎える北海道の老舗の蟹専門店 加藤水産の直営店「蟹鮨 加藤」2019年11月 蟹鮨加藤札幌店オープン。2020年2月 蟹鮨加藤ニセコ店オープン
  2. ^ 北国からの贈り物  加藤 敏明さん:くりラヂオ”. www.kuriradio.jp. 2020年3月17日閲覧。
  3. ^ 蟹鮨加藤×新井文月 和食与现代艺术的碰撞”. 微信Wechat (2020年2月27日). 2020年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]