加藤太郎 (1948年生の実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 太郎(かとう たろう、1948年9月6日 - )は、日本の実業家日本ガイシ代表取締役社長や、同社相談役東京農工大学学長選考会議議長などを務めた。

人物・経歴[編集]

埼玉県出身。1972年東京農工大学工学部卒業、日本碍子入社[1]エンジニアリング事業を長く担当し[2]、1999年取締役都市環境事業部長に昇格。2002年常務取締役。2004年専務取締役。2005年代表取締役副社長。2011年に技術系出身者としては吉本熊夫以来約50年ぶりとなる代表取締役社長に昇格[1][3]多角化の推進や、ナトリウム・硫黄電池事業等における火災事故からの復旧を行い、黒字回復を実現させた。2014年に相談役に退き[4]、2015年に退任した[5]森村商事取締役[6]、東京農工大学学長選考会議議長[7]なども務めた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「日本ガイシ社長に加藤氏 松下氏は会長に 」日本経済新聞2011/2/21付
  2. ^ 「日本ガイシ、研究開発重視を鮮明に 社長に加藤氏 」日本経済新聞2011/2/22付
  3. ^ [1]第142期日本碍子有価証券報告書
  4. ^ 「日本ガイシ社長に大島氏 」日本経済新聞2014/5/15
  5. ^ 「日本ガイシの加藤相談役が退職 社長退任から1年余り 」日本経済新聞2015/12/17 2:00日本経済新聞 電子版
  6. ^ [2]
  7. ^ [3]
先代:
松下雋
日本ガイシ社長
2011年 - 2014年
次代:
大島卓