加藤和弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 和弥(かとう かずや、1969年7月10日 - )は、日本実業家加藤産業株式会社代表取締役社長、一般社団法人日本加工食品卸協会理事

人物・経歴[編集]

兵庫県出身[1]。1988年甲陽学院高等学校卒業[2]。1994年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、加藤産業入社。1995年取締役に昇格。1999年常務取締役。2001年専務取締役[3]

2003年から加藤産業代表取締役社長を務め、物流の効率化による経費削減等を進め[3]、売上高1兆円を目標にグローバル化などにあたり[4]、2018年には1兆円の売上高を達成させた[5]日本加工食品卸協会理事兼務[6]

脚注[編集]

先代:
加藤武雄
加藤産業社長
2003年 -
次代:
(現職)