制御された衝撃実演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Practice approach
Pre-impact
Post-impact 1
Post-impact 2

制御された衝撃実演(Controlled Impact Demonstration もしくは Crash In the Desert)とはNASA連邦航空委員会(FAA)が共同で行ったボーイング720の衝撃実験である。

歴史[編集]

NASAはFAAと共同で大型輸送機における墜落時の衝撃による生存性を調査する為に、遠隔操作の4発機で制御された衝撃実演 (CID) を行った。CIDプログラムは1984年末にカリフォルニア州のエドワーズ空軍基地にあるドライデン飛行研究センターによって指揮された。CIDの目的は"着火しにくい燃料を使用する事で衝撃に伴う引火の被害を抑える事"とされる。 FM-9は分子量の大きい長鎖高分子でJet-A燃料に添加することで霧化しにくいケロシンantimisting kerosene (AMK) になる。AMKは有用性が衝撃試験において認められつつあった。

AMKの研究はラングレー研究センターで1984年12月1日の最終飛行までダミーが取り付けられる等、FAAによって準備に4年以上費やされた。

AMKはガスタービンのフィルターを詰まらせる等、いくつかの解決すべき問題点を抱えていた為に、すぐには導入されなかった。また、AMKはエンジンの性能を低下させたので改造が必要だった。 NASAのドライデンによってB-720[1]は遠隔操縦の無人機として改造された。

1984年12月1日、無人機であるB-720はエドワーズ空軍基地から離陸して2300フィートまで上昇した。航空機はNASAの研究パイロットであるFitzhugh (Fitz) Fultonが操縦し、燃料タンクは76,000 ポンドのAMK燃料で満たされていた。エンジンの始動時と衝撃時まで (9分) は改良型Jet-A燃料を使用した。試験の為に改造された滑走路に突入した。

機体から出火して1時間にわたって燃え続けた。これにより、AMKの研究は振り出しに戻ったが極めて重要なデータが得られた。

脚注[編集]

  1. ^ このボーイング720-027型機 (c/n18066) は連邦航空委員会 (FAA) に1961年5月12日引渡され機体登記籍地はオクラホマ州で最初の登録番号は「N113」、登録地変更で一時「N23」だった時期がある。1977年2月15日迄FAAで使用しNASAへ譲渡後登録番号は「N2697V」に変更しその後操縦装置変更から1981年12月5日「N833NA」に変更している。

写真とビデオ[編集]

Controlled Impact Demonstration, December, 1984.



これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

関連項目[編集]

2012年のボーイング727墜落実験英語版