利賀スキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
利賀スキー場
所在地 〒939-2513
富山県南砺市利賀村上百瀬
座標 北緯36度26分30秒
東経137度2分12秒
座標: 北緯36度26分30秒 東経137度2分12秒

利賀スキー場(とがスキーじょう)は富山県南砺市利賀(旧利賀村)に存在したスキー場であり、富山県内のリフト設備があるスキー場としてはシーズンの営業期間が最も長く、ゴールデンウィーク前まで滑走ができたスキー場である。

利賀村営で1970年代半ばから運営された[1]1997年スノーバレー利賀がオープンし、共通券なども導入されていたがスノーバレー利賀スキー場に経営が一本化されたことなどから2001年3月限り廃止になった。

リフトは、ペアリフト1基・シングルリフト1基が設置されていた。

リフト廃止後もゲレンデは地元の子どもたちのスキー練習などに使われてきたが、2017年1月16日から17日に掛けスキー場跡で地滑りが発生、約3万m3と見込まれる土砂が崩れ落ち[2]、民家の車庫などに被害を生じた[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “旧利賀スキー場で地滑り”. 北日本新聞: p. 25. (2017年1月18日) 
  2. ^ “利賀地滑り 危険箇所外 発生想定せず”. 北日本新聞: p. 29. (2017年1月19日)