出貝泰佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出貝泰佑
基本情報
本名 出貝泰佑(でがい たいすけ)
通称

蹴擊ファンタジスタ

ラビットキック
階級

スーパーバンタム級

55kg(K-1
身長 170cm
体重 55kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1982-05-14) 1982年5月14日(40歳)
出身地 青森県八戸市
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

出貝 泰佑(でがい たいすけ、1982年5月14日 - )は、日本キックボクサー青森県八戸市出身。 TEAM GYAKUSAN代表。[1] 第2代 Bigbangスーパーバンタム級チャンピオン[1]

K-1 WORLD GP初代-55㌔王座決定トーナメントリザーブファイト出場

来歴[編集]

学生時代は、軟式テニスで活躍。 格闘技は、地元の先輩達と自己流でやっていたが、上京後、バンゲリングベイの前身ジムに入門。

2005年12月18日: 全日本キックボクシング連盟でプロデビュー。

2014年2月23日: ビッグバン〜統一への道〜其の十六にて行われた、Bigbangスーパーバンタム級タイトルマッチにて、当時王者の岡田有晃からダウンを奪い判定勝ちし、スーパーバンタム級王座を獲得。[2]

2015年4月19日: K-1 WORLD GP 2015〜-55kg初代王座決定トーナメント〜リザーブファイトに出場。

戦績[編集]

  • プロキックボクシング: 34戦 18勝 6KO 13敗 3分

獲得タイトル[編集]

  • 第2代Bigbangスーパーバンタム級王座

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]