出血体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出血体(しゅっけつたい、: corpus hemorrhagicum, bloody body)とは、卵胞排卵直後に形成される一時的な構造。出血体はその後黄体となる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「エンカルタ百科事典ダイジェスト:生殖器系」 Archived 2007年9月5日, at the Wayback Machine.(2009年1月15日閲覧)

外部リンク[編集]