処女の祝別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

処女の祝別(しょじょのしゅくべつ、consecration of virgins)とは、カトリック教会処女を祝別する事。

処女の祝別式は500年頃からあるとされている。1970年まで修道会の会員に限定されていたが、教皇パウロ6世の改定により、世俗にいる女性も処女性を奉献できるようになった。

処女は教あるいは代理者によって祝別され、生涯処女であることを誓約する。

参考文献[編集]

  • 『現代カトリック事典』エンデルレ書店