凝集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

凝集(ぎょうしゅう、: aggregation)は、次の事を指している可能性がある。

計算機科学と通信[編集]

自然科学と統計[編集]

  • 粒子凝集英語版- ファンデルワールス力や化学結合を介して、分散質粒子(原子や分子)どうしが直接相互に引き合い、吸着集合して沈降する現象。凝析とも。
  • タンパク質凝集 - 誤って折り畳まれたタンパク質の凝集
  • 創傷部位に血小板が集積して血小板血栓や凝集塊を形成すること
  • 凝集反応 - 抗原が抗体と混合された場合に固まる生物学的なプロセス
  • 赤血球凝集反応 - 赤血球を用いて血液型やウイルス量を検査する実験室的な用途
  • 凝集法 - ナノ粒子を製造する化学的プロセス
  • 集合フェロモン - 生物が交尾や越冬などのために仲間の集合を促す生理活性物質
  • 粘土粒子の凝集による土壌構造の形成
  • 大気中で放出された気体が微小な二次生成粒子を形成するプロセス
  • 拡散律速凝集 - ブラウン運動する粒子が核となるクラスタに取り込まれクラスタを成長させる過程
  • マリンスノー - 深海において沈降する生物の死骸や微小な有機物粒子