公孫越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

公孫 越(こうそん えつ、? - 191年)は、中国後漢時代末期の武将。幽州遼西郡令支県の人。従兄は公孫瓚家系は遼西公孫氏。同じく公孫瓚の従弟とされている公孫範との関係は不明で、兄弟とも従兄弟とも考えられる。

正史の事跡[編集]

姓名 公孫越
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 191年初平2年)
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 幽州遼西郡令支県
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 公孫瓚袁術
家族・一族 一族:公孫瓚(従兄)

公孫範(兄弟?,従兄弟?)
公孫続(公孫瓚の子)

初平2年(191年)、袁術劉虞の子劉和を配下とした。しかし、劉虞と仲が悪かった公孫瓚は、対抗手段として公孫越を袁術の下に派遣し配下とさせ、また、密かに公孫越に命じて劉和を逮捕しようと目論んだ。結局、劉和は逃亡して袁紹の下に逃れたため、公孫瓚と劉虞の関係は更に悪化した。

同年、袁紹陣営の周昂(『三国志』魏書公孫瓚伝。一方、『後漢書』公孫瓚伝によると、周昕とされる)が陽城の孫堅の陣地を奪った。折りしも袁紹との関係が悪化していた袁術は、孫堅と公孫越に命じて、周昂を攻撃させた。しかしこの戦いで、公孫越は流れ矢に当たり死亡してしまった。公孫越の死は、公孫瓚の袁紹への対決姿勢を強めることにつながった。

物語中の公孫越[編集]

小説『三国志演義』では、公孫越は公孫瓚の弟となっている(ただし、当時は従兄弟が兄弟同然に扱われているため、『演義』の記述が完全な間違いとは言い切れない)。公孫瓚の命により、冀州の分割を袁紹に申し入れる使者となったが、任務から帰る途中、袁紹の騙し討ちに遭い、矢で射殺されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]