公共冷蔵庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファイル:Community Fridge.jpg
ニューヨークのブルックリンにあるコミュニティ・フリッジ

公共冷蔵庫(こうきょうれいぞうこ、英語: Community fridge)、もしくはコミュニティ・フリッジは、公共空間の中にある冷蔵庫(refidgerator、口語的にはfridge)のことである。「フリージ」(freedge。freeとfridgeをかけた語)と呼ばれることもある[1]公共冷蔵庫は、コミュニティの中で食べ物を共有できるようにする相互扶助プロジェクトの一種である。一部のコミュニティ冷蔵庫には、腐りにくい食品用の関連スペースも用意されている。

ボトリー(英国)の教会の片隅のコミュニティ・フリッジ。上部にパンの箱、椅子に生鮮食品の青い箱がある。

概要[編集]

以前からある食品パントリーとは異なり、公共冷蔵庫という草の根プロジェクトは、誰でも無制限に食品を出し入れできるようにし、それを利用することによる不名誉や恥ずかしさを感じなくて済むように配慮されている[2][3]。冷蔵庫は分散型のアプローチを採用しており、多くの場合、ボランティア、コミュニティメンバー、地元企業、および大規模な組織のネットワークによって保守されている。公共冷蔵庫内の食品は、主に個人またはフードレスキュー組織によって寄付され、さまざまな場所から調達されている。トレーダー・ジョーズホールフーズ・マーケットのような大手の食料品店は、売れ残りの食品を大量にフードレスキューに寄付し、彼らがコミュニティ・フリッジに食品を供給している[4]。冷蔵庫に寄付された食品の多くは冷蔵庫がない場合、廃棄されていたとみられる。公共冷蔵庫の主な目的は、食品の不安を軽減すると同時に、食品廃棄物を軽減することである。それらは、困難に直面している人々が新鮮で栄養価の高い食品に簡単にアクセスできるようにする。冷蔵庫は、缶詰から生鮮食品、調理済みの食品まで、幅広い食品を提供している。調理済みの食品は、寄付時に調理日時などのラベルを貼る必要がある。多くの冷蔵庫は家庭用品、衛生用品も受け入れ、COVID-19のパンデミックの間、マスクやその他の個人用防護具(PPE:personal protective equipment)も提供した[5]。コミュニティ冷蔵庫は、人々がコミュニティに接続できるようにするソーシャルスペースとしても機能している。「シェルターフォース」誌は、「コミュニティ冷蔵庫は、サービス提供のスイートスポットを発見したように見える。共有された人間性の暖かさを感じるのに十分近いが、恨みや負担の感覚を避けるのに十分な距離である」と述べている[6]。多くの冷蔵庫も地元の芸術家によって描かれている[7]

歴史[編集]

最初のコミュニティ冷蔵庫は、ドイツでフードシェアリング(Foodsharing)と呼ばれるグループによって設置された[8]。次のコミュニティ冷蔵庫は、2015年にスペインで開始された[9]。 コミュニティ冷蔵庫は、米国の学生向けの最初の無料朝食プログラムで、USDAの学校朝食プログラムに影響を与えた1960年代のブラックパンサー無料朝食プログラムなどの食品イニシアチブからインスピレーションを得ている[10][11]

英国では、初期のコミュニティ冷蔵庫がフロム[12]、サウスダービーシャー[13]、 ブリクストン(ロンドン)[14]、ボシー(オックスフォード)[15]に設置された。コミュニティ冷蔵庫の全国ネットワークは、新しいプロジェクトに無料のサポートサービスを提供する環境慈善団体HubbubUKによって2017年7月に設立された[16]。コミュニティ冷蔵庫の設置は、ニュージーランド[17]、 インド[18]、イスラエル[19]、オランダ[20]、カナダ(コミュニティ冷蔵庫トロント英語版だけでも、7台の冷蔵庫を所有している)を中心に、最近、急速に拡大している[21]

日本[編集]

日本における最初の本格的なコミュニティ冷蔵庫は、2020年6月17日、神奈川県横浜市鶴見区㈱木曽屋がラ カンパーナ木曽屋ビルエントランスに設置。コミュニティ冷蔵庫®️フリーゴとして運営開始。自由に取り出せるコミュニティ冷蔵庫は欧州のやり方と同じである。フードシェアリング、フードロスゼロ対策として設置。根底には飢餓救済がある。地域で活用する冷蔵庫として運営されている。翌年2021年7月には同市戸塚区の認定特定非営利活動法人こまちぷらす こまちカフェ内に設置。

https://www.townnews.co.jp/0116/2020/07/09/533462.html

2021年2月には地域のマルシェにて小学校と連携し食べるものだけではなくSDGsの取り組みとして、お金を介さすいかにものが巡るかを試みている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Freedge Movement: Grassroots Efforts Fight Food Insecurity With Free Refrigerators” (英語). NPR.org. https://www.npr.org/2020/09/29/917023702/freedge-movement-grassroots-efforts-fight-food-insecurity-with-free-refrigerator 2021年11月17日閲覧。 
  2. ^ Rosa, Amanda; Keith, Stephanie (2020年7月8日). “See That Fridge on the Sidewalk? It's Full of Free Food” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/07/08/nyregion/free-food-fridge-nyc.html 
  3. ^ “20 million Americans still don’t have enough to eat. A grass-roots movement of free fridges aims to help.” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/business/2021/06/28/hunger-philadelphia-free-fridges/ 2021年11月17日閲覧。 
  4. ^ Oung, Katherine (2021年2月17日). “The rise of community fridges” (英語). Vox. 2021年10月1日閲覧。
  5. ^ DiBenedetto, Chase (2021年1月9日). “A guide to community fridges, from volunteering to starting your own” (英語). Mashable. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ Glenn, Ezra Haber (2021年2月24日). “Community Fridges Provide Vital and Visible Relief in the War on Hunger”. Shelterforce. https://shelterforce.org/2021/02/24/community-fridges-provide-vital-and-visible-relief-in-the-war-on-hunger/ 2021年2月25日閲覧。 
  7. ^ Crawford, Iris (2020年9月2日). “Local Artists Beautify Community Fridges as COVID-19 Continues” (英語). Oakland Voices. 2021年10月1日閲覧。
  8. ^ Lebensmittel teilen, statt wegwerfen - foodsharing Deutschland”. foodsharing.de. 2021年11月12日閲覧。
  9. ^ Kassam, Ashifa. “The solidarity fridge: Spanish town's cool way to cut food waste”. 2015年7月25日閲覧。
  10. ^ Officials Are Not Chill About The Community Fridges Popping Up Around LA” (英語). LAist (2020年8月26日). 2021年10月1日閲覧。
  11. ^ Milkman, Arielle (2016年2月16日). “The Radical Origins of Free Breakfast for Children” (英語). Eater. 2021年10月3日閲覧。
  12. ^ Community Fridge Frome”. 2021年11月12日閲覧。
  13. ^ Swadlincote's Community Fridge”. 2016年10月24日閲覧。
  14. ^ A community fridge has opened in London to make sure food isn't going to waste”. 2017年2月16日閲覧。
  15. ^ Botley community fridge”. 2016年9月30日閲覧。
  16. ^ Community Fridge Network to bring social value to food waste fight”. Resource Magazine. 2021年11月12日閲覧。
  17. ^ Everything you need to know about Auckland's Community Fridge” (2016年11月23日). 2021年11月11日閲覧。
  18. ^ This community fridge in Versova makes sure no one goes hungry - Latest News & Updates at Daily News & Analysis”. 2017年4月23日閲覧。
  19. ^ Log into Facebook”. Facebook. 2021年11月11日閲覧。
  20. ^ Engbers, Pascal. “Jumbo opent solidaire koelkast tegen probleem van stijgende armoede” (オランダ語). Adformatie. 2020年10月29日閲覧。
  21. ^ Kwong, Evelyn (2021年3月7日). “'Take what you need, leave what you can': How a Toronto network is transforming the way we think about food insecurity” (英語). Toronto Star. 2021-03008閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]