八専

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八専(はっせん)とは、選日の一つで、日の干支壬子甲子から数えて49番目)から癸亥(同60番目)の間の12日間の中に干、支ともに同じ五行となるものが壬子、甲寅、乙卯、丁巳、己未、庚申、辛酉、癸亥と8日あるため八専と総称されている。

もう少し詳しく述べると十干十二支五行を割り当てると、干支の気(五行)が重なる日が全部で12日ある。そのうち8日が壬子から癸亥までの12日間に集中している[1]ことから、この期間は特別な期間であると考えられるようになった。同気が重なることを「専一」と言い、それが8日あることから「八専」と言う。八専の期間には同気の重ならない日が4日あり、これを「八専の間日(まび)」と言う。

49 壬子 水水
50 癸丑 水土 間日
51 甲寅 木木
52 乙卯 木木
53 丙辰 火土 間日
54 丁巳 火火
55 戊午 土火 間日
56 己未 土土
57 庚申 金金
58 辛酉 金金
59 壬戌 水土 間日
60 癸亥 水水

八専のうち、間日を除く8日間は、同気が重なる(比和)ことから、吉はますます吉となり、凶はますます凶となるとされた。しかし、いつの頃からか、凶の性質のみが強調されるようになった。現在では、何事もうまく行かない凶日とされている。間日は、十方暮とは異なり八専の影響は受けないとしている。

脚注[編集]

  1. ^ 残る4日は戊辰(甲子から数えて5番目、土土)、己丑(同26番目、土土)、戊戌(同35番目、土土)、丙午(同43番目、火火)である。

参考文献[編集]

  • 岡田芳朗・阿久根末忠 『現代こよみ読み解き事典』 柏書房、1993年ISBN 4-7601-0951-X