入谷朝顔まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
入谷朝顔市から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
入谷朝顔まつり
Asagao Festival 002.JPG
入谷朝顔まつり
イベントの種類 朝顔祭り
正式名称 入谷朝顔まつり
開催時期 毎年:7月上旬の3日間(七夕の頃)
主催 入谷観光連盟・入谷朝顔実行委員会
後援 東京都・台東区
協賛 入谷中央商店街・入谷朝顔組合
運営 入谷観光連盟・入谷朝顔実行委員会
出展数 90店 - 120店前後
来場者数 20万人 - 30万人
入谷鬼子母神への交通アクセス
最寄駅 東京メトロ入谷駅より徒歩1分
公式サイト

入谷朝顔まつり(いりやあさがおまつり)は、毎年、七夕の季節に東京都台東区下谷の入谷鬼子母神(真源寺)とその界隈で開催される朝顔祭り。

概要[編集]

入谷鬼子母神(いりやきしもじん)の境内とその付近の歩道で開催される朝顔祭りで、市の期間中にお参りすると朝顔の造花がついた子育お守りが貰えるという[1]。およそ12万の朝顔が並べられる。江戸時代の後期から行われていた[2]が、1948年に復活し、現在は復活から60年以上の歴史がある。[3]

入谷の朝顔市」 嘉永から安政期(1848 - 60)にかけて大ブームとなった朝顔は、明治に入るといったんは衰えたが、明治15年(1882)頃から大正初めにかけて、入谷田圃といわれた一帯に住んでいた植木屋によってひろく栽培されるようになった。坂本村入谷といわれた一帯には、丸新、松本、高野、植松、入又、入十、入久、新亀などの植木屋が軒を並べ、大輪のものや変り種を栽培し人気を集めた。全盛期の24年から25年(1891 - 92)頃には、早朝から往来止めとなるほどの賑わいを見せていた。30年代(1897 - 1906)には、団子坂の菊人形をまねて、朝顔人形が登場したが、通俗的で悪評だった。「入谷みやげ」「植」と書かれた紙片には、ひざまずいて鉢入りの朝顔をみる、着物姿の若い女性が描かれている。「入谷の朝皃は昔も今も有名なる観物なりしが近頃は俗極る人形を造り観覧に興を添るに至りしかは益々盛りに繁盛す」と記載あり。 — 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「入谷の朝顔市」より抜粋[4]

沿革[編集]

会場[編集]

  • 東京都台東区下谷1-12-16 入谷鬼子母神(真源寺)とその界隈

主催[編集]

  • 入谷観光連盟・入谷朝顔実行委員会[3]

期間[編集]

  • 毎年 7月初旬の3日間

2015年の場合、7月6日・7日・8日)[3]

アクセス[編集]

入谷朝顔まつりを舞台とする作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 入谷鬼子母神
  2. ^ 入谷朝顔まつり、入谷鬼子母神周辺で開催
  3. ^ a b c d 入谷で「朝顔まつり」 66年目、120軒の朝顔業者出店”. 上野経済新聞 (2015年7月6日). 2017年5月11日閲覧。
  4. ^ 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「入谷の朝顔市」国立国会図書館蔵書、2018年2月19日閲覧

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、入谷朝顔まつりに関するカテゴリがあります。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分11.6秒 東経139度46分57.68秒 / 北緯35.719889度 東経139.7826889度 / 35.719889; 139.7826889