健康づくり国際会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界保健機関

健康づくり国際会議(けんこうづくりこくさいかいぎ、International conferences on health promotion, Global conferences on health promotion)は世界保健機関の主催する、健康づくりに関する国際会議である。毎回、開催都市名を冠した宣言や声明を発信[1]しており、それらのメッセージは健康づくりに関する世界標準として扱われることが多い。

背景[編集]

健康づくりを参照して下さい。

各回の開催地とテーマ[編集]

毎回5日程度の会期で開かれる。[2][3]回を重ねる度に、オタワ憲章の健康の前提条件、3つの基本戦略と5つの活動領域、そして第4回以降は健康の社会的決定要因、第5回以降は健康格差への取り組みの重要性が訴えられている。

参考文献[編集]

  1. ^ 健康づくり国際会議(世界保健機関)
  2. ^ 非感染性疾病の予防と健康づくり(世界保健機関)
  3. ^ 健康づくりの背景(世界保健機関)
  4. ^ 第1回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  5. ^ 第2回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  6. ^ 第3回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  7. ^ 第4回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  8. ^ 第5回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  9. ^ 第6回健康づくり国際会議(世界保健機関)
  10. ^ 第7回健康づくり国際会議(世界保健機関)

関連項目[編集]