停止 (原子炉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

停止(ていし)とは、原子炉において、未臨界であり、技術仕様書に基づき定義された以上の余裕(停止余裕)がある状態を指す。原子炉のコントロールキーが固定されていること・燃料の移動が進行中でないこと・コントロールシステムのメインテナンスが行われていないことを、停止の要件に含めることもある。

停止余裕は、連鎖反応に関して定義される。停止余裕は、⊿k/k(kは実効中性子増倍率)を単位として表示されることが多いが、相対的反応度(ドル、通常の臨界から即発臨界に達するまでに必要な反応度)を単位として表示されることもある。停止余裕は、すべての制御棒が挿入されて原子炉が未臨界であるための余裕をさす場合と、スクラムのときに原子炉を停止するための余裕をさす場合がある。したがって、停止余裕を定義するときには原子炉の技術仕様書に基づいた最も控えめな方法で定義するように注意しなければならない。典型的な研究用原子炉の停止余裕は、キセノンのない冷たい状態で定義される。この条件にあてはまるとき、停止余裕は単に制御棒の効果の合計からcore excessを差し引くことで計算できる。

最小停止余裕は停止余裕と類似の方法により計算される。異なるのは最大反応度価値を持つ制御棒とスクラムの対象とならない制御棒を除外して計算される点である。この定義により、有効な制御棒がコアから脱落しても原子炉が安全に停止し続けることができるように設計することができる。

更に、冷却システムが常圧で華氏200度(摂氏約95度)未満であるとき、原子炉は冷温停止であると呼ばれる[1]。この温度では気密でなくても軽水炉における冷却・減速材である水は沸騰しない。

参考文献[編集]

  1. ^ NRC Definition of cold shutdown. http://www.nrc.gov/reading-rm/basic-ref/glossary/cold-shutdown.html

関連項目[編集]