倉庫業法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
倉庫業法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和31年法律第121号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 倉庫業に対する適切な処置など
関連法令 なし
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

倉庫業法(そうこぎょうほう、昭和31年法律第121号)は、倉庫業の適正な運営を確保し、倉庫の利用者の利益を保護するとともに、倉庫証券の円滑な流通を確保することを目的とする。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則
  • 第2章 - 倉庫業及び倉庫証券
  • 第3章 - トランクルームの認定
  • 第4章 - 雑則
  • 第5章 - 罰則

資格[編集]

外部リンク[編集]