佐香ハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐香 ハル(さこう ハル、1874年明治7年)6月6日 - 1958年昭和33年)3月20日)は、日本教育者徳島県出身。徳島県立高等女学校(現徳島県立城東高等学校)卒業。

人物・来歴[編集]

渡辺裁縫女学校(現帯広北高等学校)、堀越和洋裁女学校で学んだ後、東京都神田三崎町にて私立和洋裁専門女学校を創設し校長となる。1905年(明治38年)に地元である徳島県に帰郷。その後、徳島市で佐香和洋裁女学校を創設(現香蘭高等学校)。

1958年昭和33年)3月20日、83歳で没する。

関連項目[編集]