佐々木道夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 道夫(ささき みちお 1957年昭和32年)3月7日 - )は、日本の実業家

来歴・人物[編集]

1974年創業でありながら、日本経済新聞の『優良企業ランキング』に18年連続で30位以内に入るなど、驚異の急成長と高収益を両立し続け、モノづくりニッポンの屋台骨を支えるともいわれるキーエンスの社長に40代という若さで就任。10年に亘り務め、ジャストシステムとの資本・業務提携などを手掛けた。新興ながら日本を代表する優良企業に名を連ねる同社の躍進ぶりが注目され、『日経スペシャル カンブリア宮殿』(TV東京)などにも出演した。

略歴[編集]

  • 1957年 – 秋田県にて出生。
  • 1981年 - 明治大学政治経済学部卒業。リード電機(現キーエンス)入社。
  • 1992年 - KS事業部長
  • 1999年 - 取締役APSULT事業部長
  • 2000年 - 代表取締役社長
  • 2010年 - 取締役特別顧問

参考[編集]

先代:
滝崎武光
キーエンス社長
第2代:2000年 - 2010年
次代:
山本晃則